将来的に安定した収入を得るために不動産投資を始める

木のブロック

マンション投資を始める

マンション

人気の不動産投資にマンション投資があります。マンション投資は、購入したマンションを入居希望者に貸し出すことによって、安定した家賃収入を得ることができる投資方法です。マンション投資にも種類があり、大きく分けて区分マンション投資と一棟買い投資の二種類があります。まず、区分マンション投資とは投資用に用意されたマンションから一室だけを購入する方法です。この区分マンション投資は資金が少なくても始めることができるので、ローンを組まなくても貯金だけで投資を初められることもあります。一室だけの運営になるので、収益はさほど大きくはありませんが入居者がいる状態を継続して続けることができれば安定した家賃収入を得ることができます。次に一棟買いマンション投資ですが、区分マンションとは違い一棟丸ごとのマンションを購入することになります。初期資金が高くなると考えられがちですが、物件そのものを担保にして、金融機関からの融資を受けることが可能です。そのため、資金がさほどない場合でも一棟買いマンション投資を行なうことができます。組んだローンは、月々の家賃収入で返済することも可能です。さらに、一棟買いの場合、空室が出ても影響があるのはほんの一部になります。余程のことがない限りは、全ての部屋が空室になることはないので、空室による家賃収入がなくなるということはありません。さらに、一棟買いマンションの場合、マンション一棟だけではなく土地も一緒に購入することになるので、資産価値は高いといえます。

家賃相場を調べる

婦人

物件を運営する時は、そのエリア内の家賃相場を調べることが大切です。あまりにも高い家賃を設定していると、入居者を獲得するのは難しくなります。また、物件の立地などによっても家賃相場は変わってきます。

投資するためのマンション

模型と書類

投資用マンションには、入居者に賃貸して家賃を得る投資方法と、安く購入して、需要が高まり価値が高くなった時の売却する方法があります。また、中古マンションであれば安い資金で始めることができます。

高利回りが期待できる

お金と積み木

家賃収入で収益を上げることを目的とした物件を、収益物件といいます。収益物件には、住居や事務所、テナントなどに分けることができます。空室になりにくく、利回りの高い物件を見つけることが大切です。